買い物カゴ
2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

アロマの使用上の注意(一般論)

アロマ安全に使っていただくための注意事項を記載しています。(正しく安全にご使用頂くために。)

・精油は医薬品ではありません。

・精油原液を直接肌に塗らないで下さい。(必ず薄めて使用して下さい。)

誤って精油の原液が直接皮膚についた場合、大量の水で洗い流してください。少しでも異常があれば医師に相談してください。
お肌に使用する際には、必ずパッチテストを行ってください。(aromaroa®では雑貨としての販売となりますので、お肌に塗布する際には自己責任でのご使用をお願い申し上げます。)

・精油を内服、飲用、点眼しないで下さい。

・目や口、その他粘膜質には使用しないで下さい。

海外では専門家が精油の内服を指示していることもありますが、aromaroaではオススメしておりません。

・プラスチックやナイロン、マニキュア、家具の塗装、人工大理石を溶かす恐れがありますのでご注意ください。

・精油は引火する可能性があるので、火気のある場所では注意しましょう。

台所やろうそくを使ったアロマキャンドルで使用する際は十分に注意をはらってください。

・子どもやペットの手の届かないところへ保管してください。

・精油は、高温多湿をさけ空気(酸素)や紫外線の当たらないところに保管しましょう。

精油は製造時より成分の変化がすでに始まっています。高温多湿や空気(酸素)、紫外線にあたると品質の変化が速まりますので、キャップをしっかりと閉めて冷暗所に保管してください。

・乳幼児に関する注意事項

3歳未満の乳幼児には、芳香療法(香りを楽しむ)以外はおすすめしていません。乳幼児は抵抗力が弱く、体重も少ないので大人に比べると、精油の影響力がとても大きいとされています。
また、3歳以上の小さな子どもであっても、体重の違いを考慮して大人よりも低い濃度で使って下さい。

・妊産婦、お年寄り、既住症のある方への注意事項

アロマテラピーの100%天然の精油は、正しい使用法を守ってお使いいただくと、特別に危険なものではございません。ですので、どなたでも快適を感じる範囲で楽しんでいただけます。
しかし、妊産婦、お年寄り、既住症のある方、また、ペットなどの敏感な体質な方は香りに反応しやすい場合もございます。使用法の用法・容量をしっかりと守りましょう。
不快感を感じることがありましたら、しばらくアロマテラピーの使用は避けて頂くのがよいでしょう。
一般の健康な方にも同じく、不快感や異変を感じる場合はすみやかに使用を中止しましょう。

・精油の類似品に注意

精油は100%天然の植物の成分です。雑貨屋さんになどに置かれている合成オイルと混合しないようにご注意下さい。
合成の芳香剤であるポプリ用香料や香水などとは全く異なったもです。これらを誤って肌に付けてしまうと肌荒れやトラブルの原因になりますので、アロマテラピーとして使用する際は、100%天然の精油を選ぶようにしましょう。

・光毒性についての注意

アロマでの精油成分の一部には、塗布した状態で、日光などの紫外線と反応することによって、皮膚に炎症をおこすなどの成分を示すものもあります。これを光毒性といいます。
光毒性は主に柑橘系の精油に注意が必要になってきます。ベルガプテン(5-メトキシソラーレン)などの成分があげられます。
ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、ポメロー、オレンジなどを肌に使用した後には、日光や紫外線に当たらないようにご注意下さい。