旅人そらのエスプレッソカフェ巡り in the world

旅人そらのエスプレッソカフェ巡り&食べ歩き

*

天空の城ラピュタの世界の友ヶ島(ともがしま)

      2019/07/12

加太ビーチのグランピング『resona Rainbow』で一泊した後は、天空の城ラピュタの世界が見れると言われている友ヶ島へレッツゴー!!

 

友ヶ島への行き方は加太のフェリー乗り場から出ているフェリーに乗るしかありません。

片道20分~30分の短時間にも関わらず、往復料金は2千円と言う設定でございます★あしからず。

さらに、かなり並ぶので早めに行きましょう。

1便目が埋まれば2便目の整理券が配られます。2便目も埋まれば3便目・・・と言った感じで列の後半だと出発が昼過ぎになるなんてこともあり得るので気を付けましょう。

そして、天候が悪ければすぐに欠航になるそうです・・・。

フェリー乗り場にはお菓子やカップラーメン、帽子など色んなアイテムが販売されているので、忘れ物がある場合はここで購入しておきましょう。友ヶ島にはコンビニとかありません。

 

売店はないと聞いていたのですが、実際に行ってみるとフェリー乗り場のすぐ近くに『らびゅカフェ』たるものがありました。

ビールとかコーラとかソフトクリームとかあるや~ん!カレーまであるし(笑)

でも、ここ以外は無かったです。ここも毎日空いているとは限らないので、やはり加太で買って行くのが安パイ。

 

さて、加太からフェリーに乗ってお友ヶ島へGO!

 

途中に見える小さな島々を眺めながら・・・

 

友ヶ島に到着した瞬間に、思っていたよりも海のキレイさに驚かされます。

魚もいっぱい見えましたよ~

(写真じゃわかりにくいですね・・・)

 

フェリー乗り場前には、芝生と木々が美しい広場があり、さっそく大自然を感じますね。

仲間とはぐれたときは、最終的にここで落ち合えばいいかと思います。

カフェも自販機もあるしね♪

 

フェリー乗り場にあった地図を見て、ルート通りにハイキングコースを歩いてみますか。

地図も番号が振れれているので、迷うことなく一周できます。

早速、出発!

したのですが、すぐに気になる神社の入口が。

しかしながら、やたらと急な階段だったので、とりあえず、砲台に向って帰りに元気があれば登りましょうか・・・。

となりまして、結局、帰りに私だけこの階段を上って参拝。友人はハイキングで疲れて、先ほどの広場で休憩してましたね(笑)

でもね、ビックリすることに、見た目からの想像とは違ってこの階段すごい登りやすかったんです。

一段一段が高いのですが、角度の問題なのか?背筋が伸びてすいすいと上がれる階段だったんです!

いや、ほんまにビックリするほどに楽ちんに登れましたよ。

どんな神社なのかなぁと思っていたら、小さな可愛い櫓です。

すごい素敵よ(^^)

人も全然いなくて、神社を独り占めできちゃいました。

 

さて、砲台巡りルートへ戻ります。

海が見えるハイキングロードをすがすがしく歩いていきます。

昔、人が住んでいたのか壊れた家がいくつもありました。

なかなかシュールな光景だわ・・・。

 

少し進むと海の家がありました。

営業中って張り紙があるんだけど、確実に閉まってるよね。

GoogleMapsの写真を見ていると営業中の写真もあったので、時々空いているのが・・・

もしくは今や閉店してしまったのかは不明(笑)

この島、なんか色々と不思議だわ。

一時は人が住むんだけど、長居はしない、できない状況になる。

まずは第5砲台跡に向い山登りチックな道を歩いて行きます。

そしたら、面白い回転した気がある~

わかるかなぁ。

コンクリートの柱と空中で渦巻く木々。

これもラピュタの世界ですか?

 

 

友ヶ島の第5砲台跡

砲台跡なんて初めてみるから、このスペースは何に使ってたんやろ?

って妄想が膨らんでいきます。

友ヶ島の第2砲台跡マリオの世界?

ジブリの天空の城ラピュタの世界で有名なのは第3砲台跡なのですが、その前に第2砲台跡へ。

個人的にここが一番すきでした。

 

ここには、芝生と海が楽しめるリフレッシュゾーンなんです。

 

元ある砲台を崩すために爆破させられた跡が残っています。

なんかねぇ・・・

赤レンガとか、崩れている図が私には、あのスーパーマリオの世界に見えて仕方がないんですけど・・・

カメラで全体図が撮れなかったのが残念なんですが、海側の景色は、

まさにコントロールのBボタンを押して

マリオをBダッシュさせたい気分に陥ってしまいましたよ。

ゴールのお城が崩れている絵に見える↑

 

孝助松海岸

広々としたニュージーランドの大自然を思い出させる芝生と細く高い木々。

ここを通り越すと孝助松海岸があります。

向こうに見えている岩のてっぺんにある松。

 

まさかの真っ暗な地下トンネル

ラピュタの世界の第3砲台跡の前に、辿り着いてしまったのが、ここ。

なんか池?穴に水が貯まっただけ?

なのがあって、イケには亀がのんびりと頭を出していたりしました。

その先に、抜け道かのような地下トンネルを発見。

向こうに光が見えるし、ここ通っていったらショートカットみたいに第3砲台付近まで行けるんじゃない?

ってなことで、通ってみたら、また池のある同じ感じの場所へ到着。

(さっきと同じ写真でごめんなさい。)

この先にもまたトンネルがあったので、突き進んでみましょう。

って友人は清々しい顔で言うんやけど・・・

 

私めっちゃ怖がりやねん!!

このトンネルだけでも死にそうなくらい怖いねん。←霊感0のくせに。ただのビビり。

友人『次のトンネル通れば向こうに抜けれそうじゃないですか?』

私『う~~~~~~~~ん・・・・・』

友人『とりあえず行ってみましょう♪』

私『そ、そうしよか』

 

って頑張って通ったのに、また同じような池のとこに着いてしかもまた向こうに続くトンネルやん!

ほんまにこれ抜けれる?

もはや、ここまで来たら友人の言いなりの私。

一人では戻れないので付いて行くしかないよね(笑)

 

めっちゃくちゃ怖がりながら次のトンネルも通ったら!!!

 

 

行き止まり!!!

 

死んだ・・・

私の精神死んだ・・・

行き止まりって・・・

またトンネル通らなあかん・・・しかも三本も・・・

はい、大きく息を吸って~~~

 

猛ダッシュで駆け抜けるトンネル

 

霊感ないのに、ここまで怖がる必要性は全く無いんですけどね。

たまには乙女な部分もある私ですよ・・・。

あ~~~今思い出しても寿命が縮まるわ。

 

さっきのトンネルを終えて第3砲台までの道のりにも、地下トンネルへと続きそうな階段がありましたが、

私は断固として拒否しましたよ。

 

すがすがしい島の自然に癒されて寿命を取り戻すことにします。

天空の城ラピュタの世界★第3砲台跡

ついに到着しました。ラピュタの世界と言われている場所へ。

しかしながら、また下へ続く階段だったので私のモチベーションは、もはやラピュタどころではない。

ただのお化け屋敷。

もう、この中も暗いやんか~~~~(泣)

もう、私の心臓が疲れ果ててるねん。

さっさと写真撮って、さっさと進みます。本音は写真すら撮りたくないけれど。

 

ここを抜けると光が見えてきました!

あ~~~~現実世界。

キレイな海と美しすぎる山ユリが生気を吸われた魂にエネルギーを与えてくれやん(泣)

大自然さん。ありがとう。

生きててよかった。

ラピュタの世界は砲台跡ではなく、山間だった?

その後は、もう一つの神社にも寄ってみたかったので、遠回りをしてフェリー乗り場まで向かうことに。

この道が大正解で、神社のある場所が山間にあり、ここの方がラピュタの世界だったんです。

(地図番号で言う22番です。)

両サイドに山、前方には海が見えて、すっごい気持ちい良い場所。

鳥のさえずりが山びことなって響き渡る様・・・・

ヒーリング度合プライスレス。

 

と言うか・・・ラピュタより、もののけ姫の世界みたい。

友人はトトロと言いました。

 

そして、神社。

参拝して、無事に家路へと向かいましたとさ。

★フォローしてね★
instagramsora_ryoko_doubler
【Instagram】⇒sora_ryoko_doubler
食べログ名【そらだよ2】【食べログ】⇒そらだよ2

 - その他, 旅・旅行・女一人旅・Travel

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

チーズフォンデュ
スイスでホームステイ♪スイスの家の核シェルターとお家ご飯★

スイスでホームステイ スイスへ来た理由は、ワーキングホリデーでニュージーランドに …

久高島の食事処『食堂とくじん』☆夏メニューと冬メニュー@沖縄県 久高島【神の島】

沖縄本島の南部からフェリーで25分。 琉球の神アマミキヨが降り立った島であること …

スイスのイタリアンレストラン「Boccalino」からのオリンピック博物館

スイスのローザンヌにあるオリンピック博物館へ行く前に腹ごしらえ。 適当に歩いてて …

るり渓温泉
京都るり渓イルミネーション『シナスタジアヒルズ(Synesthesia hills)』が10月1日スタート!

京都るり渓イルミネーション『シナスタジアヒルズ(Synesthesia hill …

パエリア発祥の地で食べる本物のパエリア! エル・パルマル村『El Graner』

本物のパエリアって何ぞや? パエリアってバレンシアが発祥なんだそうです。 日本で …

オルチャタ
バレンシア名物のドリンク『オルチャタ(horchata/orxata)』をコロン市場で飲む♪

バレンシアのもう一つのマーケット『コロン市場』で バレンシア名物のドリンク『オル …

神の島『久高島』に到着したら最初にご挨拶する磐座がある?

この島からは、石、貝殻1つとして 持ち帰ってはならぬ。 神の島と呼ばれている沖縄 …

これぞスペインのタパス料理『Restaurante Tast Unión 』

スペインのバレアレス諸島にあるマヨルカ島。 パーティーアイランドと呼ばれている、 …

バレンシアの中央市場は丁度良い広さだった。スペインマーケット観光女ひとり旅

広すぎず、狭すぎないバレンシアの中央市場(マーケット)。 旅のお供に市場巡りは外 …

氷温熟成コーヒーのある沖縄の『TERRACE COFFEE07』(テラスコーヒー)

エスプレッソマシンがあるのに メニューにエスプレッソがないっ( ̄。 ̄ ) &nb …