買い物カゴ
2018年10月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)を使うメリット

ここでは、アロマテラピー入門として、初心者の方でもアロマポットやディフューザーがなくても簡単に楽しめる使い方をご紹介していきたいと思います。お急ぎの方はこちら↓↓をクリック

 

まずは、『芳香浴』。これは100%天然のアロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)をアロマポットで温めたり、ディフューザーでミスト状に噴霧させることで香りを楽しみます。

すべてのアロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)には、抗菌作用があるとされており、室内の空気をキレイにしながら心身共にリラックスできます。

空気中に広がった香りの成分が、鼻の粘膜へ吸着され、脳に直接的に働きかけます。これは、五感である触覚、味覚、聴覚、視覚とは伝達方法がことなります。

嗅覚だけは、脳の『大脳辺縁系』という『情動脳』とも呼ばれる感情や記憶に関わる本能的な脳と直結しているのです。

 

香りを嗅ぐと記憶がよみがえる。

これも、香りの成分が記憶と関係のある脳の『海馬』に直接的に働きかけることから思いだされるのです。

逆に、視覚、触覚、味覚、聴覚は、『大脳新皮質』という知能的な脳を通ってから『大脳辺縁系』(情動脳)に伝わります。

人間らしい思考をさせるのがこの『大脳新皮質』です。

 

恋愛に例えてみると・・・

一目ぼれ=本能(嗅覚・本能・情動脳)

徐々に好きになっていく=知性(大脳新皮質・人間的な脳)

このような感じでしょうか。

 

一目ぼれの場合、『なんでかわからないけどトキメイた』『タイプではないはずなのに何故か一目ぼれ』など、何故好きになってしまったのかわからない。これは、動物的本能が関係しているといえます。これには、嗅覚が大きく関係しています。

その人の体臭を嗅覚でキャッチし、本能の脳に直接働きかけます。そこで本能でこの人が必要である。と認識するとビビビっとくるわけですね。

 

逆に、徐々に好きになっていく過程には、色々な人間的思考が働きます。

『どんな性格なのか』『何の仕事をしているのか』『やさしいのか』『収入はいくらあるのか』・・・いわゆる『理想の男性』かどうかを脳で判断しているのです。

今まで経験してきた知識を生かし、自分にとって安全なものなのか、そうでないものなのかを判断する人間的な脳です。色々とごちゃごちゃ考えてしまうのはこの脳の仕業ですね。

 

好きになるのに理由なんてない!

嗅覚は理屈なしで心地よいか、心地よくないか。身体が必要としているかどうか。

何も考えずに好きな香りを楽しむことから始めて下さいね。