買い物カゴ
2019年04月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年05月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

いい女はココが違う・・・。

 

いい女とは・・・

 

スキがある。

 

いい女とは・・・

 

男の『グレー』を見守れる。

 

いい女とは・・・

 

さりげなくいい香りがする。

 

 

ようこそ♪アロマといったらaromaroa(アロマロア)へ。

 

いい女とは・・・。何でしょうか。

 

できる女性?キレイな女性?かしこい女性?ききわけのいい女性?

 

う~ん。このような完璧な女性はなかなか男性には受け入れてもらえないかもしれません。

 

男性との交流を深めていきたいのであれば、

 

スキがある女性

 

になることです。

 

男性も人間です。人間らしい女性を求めるものです。スキがない女性は男性に敬遠されてしまう傾向にあります。『高嶺の花』『レベル高くて話しかけづらい』など、男性が身を引いてしまうほど

 

出来すぎた女

 

は恋愛に発展しにくいので、少し崩して『スキ』を見せていきましょう。

といっても、『そんな簡単に出来るわけがない!』そんなあたなには・・・

 

見た目でスキを作る!!

 

そう。何も『隙』とは性格のことだけではないのです。男性は見た目の『隙』も大好きです。

 

チラりと見える『わき腹と腕との隙』や『ショートパンツとニーハイソックスとの隙』、『足首』などちょっとした隙が男性の心をくすぐるのです。一つ隙を見せると、後は男性心理が働き、自動的に隙を探していってくれます。第一の掴みとしても『隙』は大切です。

 

そして、ついつい女性がやってしまうこと。

 

『白黒はっきりさせてよ!』

 

これは、男性にはと~っても耳が痛い言葉です。男という生き物は白でも黒でもない

 

グレーでいたい。

 

こんな風に思っている方が大半なのです。筋が通らない話があった時でも、そこは女性がグッとこらえて見守ってあげましょう。決して問いただしてはいけません。白黒はっきりさせてもグレーのままであっても結果は同じですから。逆に別れたい場合は問いただしてみるのも良いかもしれません・・・。

 

そして、何より簡単にできる『いい女』演出が・・・もちろんアロマです。いい香りを漂わせる女。

 

さりげなく香らせる。

 

香水のようにキツく香らせるのではなく、ポイントで香りを演出するのです。

例えば・・・

 

バッグの中を香らせる!!

 

扇子を香らせる!!

 

など、ほんのちょっとしたさりげない行動に出たときに漂ってくる香りは男女関係なく心地よい気分になります。

 

バッグを開けた習慣に、ふわりと香る。ふとした瞬間にする香り。これもちょっとした隙ですよね。これであなたの好感度がアップすること間違いなし!!

 

さりげない香りで『いい女』演出方法

いい女バッグの中をさりげなく香らせる。

ハンカチやティッシュペーパー、コットンなどに精油(エッセンシャルオイル)を2,3滴落とします。

これを、バッグやポーチに忍ばせておくだけで開けたときに、ふんわりと香りがあがって来ます。

精油はシミの原因にもなることがありますので、ハンカチを使用する際はお気をつけ下さい。

フェロモンフローラル系の香りがおすすめです。

 

通販『扇子』や『うちわ』からさりげなく香らせる。

扇子やうちわに直接、精油(エッセンシャルオイル)を2,3滴落とします。こちらもシミになりやすいので、シミが目立たないような箇所につけるようにしましょう。

夏にかけて活躍するのが、扇子やうちわ。バッグの中からスッと出して男性にも風が行くように仰げば『いい女』度アップです。

オイル夏場ですと暑いので、スッキリシトラス系がおすすめです。

シトラス系は、香りが長持ちしないので、その都度精油を落とすとよいでしょう。

いい女